• 06«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »08
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Kiki's Delivery Service の歌
前回の記事からだいぶん時間が・・・あわわ。
つつがなく日々暮らしていたのに、気が付いたら9月の中旬でした。

海外のカートゥーニストからも評判が高い“Kiki's Delivery Service”こと『魔女の宅急便』(プロフィールの「好きな映画」欄によくある)。どれどれ、英語版はどんなものだろうと探してみました。

おお、ヨーロッパが舞台だけあって意外と違和感ない。ジジの声が老けてるんで、どうしてもセイラムにしか聞こえないな。やっぱりイヌネコは中年の声になるのが海外作品の定石?

って、それどころじゃなかった。歌がユーミンじゃない!なんだこれ、全然別の曲になってる!(配給もとのディズニーの差し金?)



曲自体ははすっきりキレイにまとまった感じ。
オリジナル版は、キキの年齢と、ユーミンの歌の内容とのギャップがかわいいシーンなんじゃないかと思うんですが、英語版はもっと主人公の心情に近い等身大な感じなのかな。ちゃんと歌詞と映像とがリンクして、それなりに力入ってます。


ちなみにエンディングも歌が差し替え↓
http://www.youtube.com/watch?v=6Cos-B4PARw


こちらが日本語版↓なんだかほっとします(笑)やっぱりこれでないと。


でも一方でYoutubeで日本語版を見た人が「エーゴのほうがいいよね」「うんうん」とコメントがあるのを見ると、誰しも自分に馴染みのある方がいいと思うというか、お相子だなとは思うんだけど、

でもオリジナル版で育ってよかったなー、なんて。

魔女の宅急便エンディング;『やさしさにつつまれたなら』
http://www.youtube.com/watch?v=qHzVIZkN6CQ&mode=related&search=
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 words are like. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。