• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『Fountains of Wayne』/Fountains of Wayne
学生時代からの友人Chris CollingwoodとAdam Schlesingerが96年にニューヨークで結成。同年にセルフ・タイトルの1stアルバムを発表。最初は2人だけだったのが、セカンドアルバムを出す頃には2人ほど加わって、それからはずっと4人組で活動しているようです。デュオだったのはこのアルバムが最初で最後だったみたい。
クセがなくて人懐こいメロディと、ぽんと投げ出したような素直な歌詞が特徴。もし歌詞を訳すなら一人称は絶対「ぼく」だと思う。全体的に元気いっぱいでごちゃごちゃしてますが、これが後になってくると、だんだん静かに泣けるメロディを「きかせる系」になっていくらしい。そう思うと、このアルバムを作っていた初期の頃は、周りのウケや自分達の売りこみ方とか何にも考えないで、ただ作りたいものを作っていたのかなぁ、なんて思える。このアルバムしか聴いてないから勝手な想像だけど。


Fountains of Wayne Fountains of Wayne
Fountains of Wayne (1996/10/01)
Tag/Atlantic

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 words are like. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。