• 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてさて
もう三月も終わりに近づいているのですね。四月からの新しい生活にいやおうなしに突入するのが怖いような、楽しみなような、不安なような。

この頃はビリマンの旧シーズンを見返してます。最初の頃ってまだキャラクターの性格が定まっていなくて初々しいです。マンディの声が高くて今よりずっと女の子らしいなァ・・・。それでこれはあくまで印象なのですが、最初のシーズンはまずストーリーありきだったように思いました。それがシリーズが進むにつれてキャラクターの性格が固定してきたので、そのキャラクター自体をネタにして話を作っている感じがします。あるシチュエーションを与えて、各キャラクターの反応を見せるというような・・・。うーん、うまく言い表せないな。初期の頃と今のって、なんかノリが違うんだよねぇ。
スポンサーサイト
この記事へのコメント

管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバック
TB*URL

Copyright © 2005 words are like. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。