スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Sheldonの不思議
『スポンジボブ』を流し見していたら、いつもレシピを狙う悪役・プランクトンのファースト・ネームが“Sheldon”であることが明らかに。
(『Plankton's Army』のエピソードで)
Sheldonとバレた瞬間、爆笑されていたのが不思議でした。何かイメージさせる名前なんでしょうか・・・。
スポンサーサイト
ティーンタイタンズ・東京で大ピンチ
ティーン・タイタンズの長編。長い前フリからオープニングに入るところもスペシャルっぽくて良し。

引っ越してから東京が身近に感じられるようになったので、余計に気持ちが盛り上がりました。タイタンズがぼくらの街にやってきた!最初に着陸した場所は樹海・・・?悪の猫娘役のカワエさん、カタコト日本語で恐ろしい台詞を吐いてました。一応名前もついてました。「Nya-Nya」というらしいです。かわいい。

「ショーガン」とは将軍(Sho-Gun)のことだったのね。英語が達者な筆将軍。

さすがスペシャルエピソード、おいしいシーンがいっぱい出てくるね。マスク取って普段着に「変装」するロビンとか。バラバラになったタイタンズに攻撃をかけてくる悪者たちが、オモチャのロボット風だったり妖怪風だったり、それぞれ違った切り口で「日本らしい」デザインでよかった。
そういえばレイブンがソロで闘うシーンが墓場っていうのは、なんとなくしっくりくるロケーションだと思いました。卒塔婆とかあれば鬼太郎ぽかったかも。

(たぶん製作者のお遊びで)街のネオンにキャラクターの名前がカタカナで書いてあったけど、全員分あったのかな?

・・・にしても日本が変過ぎ。狙ってやってるにしても、全く日本を何だと思ってるんでしょう!?(といいつつ、いかにも~な日本の描写が楽しかった)

Copyright © 2005 words are like. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。